誤報の情報だったのに、なぜすぐに訂正しなかったのか?

読売新聞の渡辺恒雄氏が亡くなったという話がネット上で広まり、
テレビや新聞などではそのことを一切伝えていなかったので、
その話がウソなのか本当なのかよくわかりませんでした。

いずれ正しい情報が発表されるだろうと思いながらも、
本当なのかウソなのかずっと気になっていて、
何日過ぎても何の発表もないので余計に気になってしまいましたが、
十日くらい経ってからようやく渡辺恒雄氏のことについて正式な発表がありました。

すでに亡くなっているという話は誤報で、
入院はしているけれど後日退院予定で亡くなってはいないということでした。

渡辺恒雄氏が亡くなったというネット上に広まった話は誤報だったわけですが、
誤報であればすぐに読売新聞からそれは誤報だと伝えればいいのに、
なぜすぐそれは誤報だと伝えないで十日近く経ってから伝えたのでしょうか?

この件のようにネット上で拡散した誤報だったり、
スポーツ新聞や一般紙でも最近誤報の記事を見かけたし、
テレビでも誤報を伝えて後日訂正ということも見かけたことがあったので、
最近誤報を伝えてしまうのが多いような気がします。http://www.thelonemedievalist.com/entry18.html

お姑さんにかなり失礼なことを言ってしまいました。

お姑さんと一緒に娘を連れてランチに出掛けました。お姑さんは近居しているのですが、お互いつかず離れず良い距離感を保って仲良く出来ている方だと思います。ところが娘が「おばあちゃん、かわいいよね。」と言ったのでついうっかり「どこが?」と言ってしまったんです。別に悪意をもって「あんな人のどこがかわいいの?」と言う意味ではなくて、娘がかわいいと言うにはきっと何かキラキラしたものとかフリフリしたものとかかわいいアイテムを身に着けているんだろうなと思って「どこが?」と聞いたんです。でもそんなの言い訳にしかなりません。そう思っていた時点でお姑さんの顔がかわいいと言う選択肢が私の頭の中にはなかったんですもんね。お姑さんに「いくらなんでもお嫁さん失格の発言ねぇ。」と言われてしまいました。数年前まで「三国一のお嫁さん」と言ってもらえていたんですけどね。まぁある意味親しくなったのかもしれませんが確かに失言でした。つかず離れずって難しいです。全身脱毛 おすすめ サロン