デジカメ初心者さんこそ撮影モードを駆使しよう!

デジカメは、とてもリーズナブルな価格で手に入れることが出来る
国民的ツールとも言えると思います。

もちろん、今でもフィルムカメラを使っている人はいると思いますが、
女性でも子供でもご高齢の方でも簡単に使うことができるのが
コンパクトデジタルカメラの良いところだと思います。

お値段も安くて買いやすくて国民的ツールともいえるデジカメですが、
買ったところで「使い方がよくわからない」という方も多いと思います。

でも、大丈夫です。

オート機能でデジカメ撮影になれてくると、
今度は、色んなシーンを撮影したくなります。

そこでオススメなのが、「撮影モード」というメニューです。

デジカメにもよりますが、SONY Cyber-shot DSC-WX50なら、
撮影モードの中に、様々なモードがあります。

この中でオススメのモードがいくつかありますので、
こちらでは、その一例をお伝えしようと思います。

撮影モードの中に、「SCN」(シーンセレクション)というものがあります。

「夜景」や「風景」や「料理」、
「ペット」、「ビーチ」、「スノー」、「打ち上げ花火」などの他、
様々なシーンに対応した撮影モードがあります。

例えば、夜景を撮りたい場合は、夜景モードにして撮影すれば、
とても美しい撮影が出来ます。

特にオススメなのが、打ち上げ花火のモードです。

打ち上げ花火は、普通に撮ると、
上手に撮ることができません。
しかし、打ち上げ花火モードで撮影すると、
美しく撮ることができます。

自分のデジカメで撮った打ち上げ花火の写真を
SNSやブログなどで紹介できたら、
多くの皆様に感動を与えるのではないでしょうか。

オート機能での撮影で満足がいかなくなったら、
今度はSCN(シーンセレクション)を使って撮影してみるのも良いかもしれませんね。夜 お金を借りる

今年は意外な人がこの文学賞を授与をする事になったが

今年もノーベル賞の受賞者を毎日ですが発表をしているが本日は毎年ですが注目する文学賞の発表があった。
ここには今年もあの村上春樹さんがノミネートされていまして今年は受賞するのかとファンは注目をしたが今年も逃している。

昨年は一週間遅れで発表が行われてボブ・ディランさんが受賞した。

今年の受賞は日本人でありながらイギリス在住のカズオ・イシグロさんが受賞したが意外だったと思われている。
彼は長崎県出身だが幼い頃に家族と一緒にイギリスに渡って今に至るが彼が今まで出版した作品が素晴らしい。

長編作品が中心で中には日本でも舞台やドラマ化になった事もある。
受賞理由としては「感情に強よく訴える小説」で「世界とつながっていう我々の幻想の下に隠された闇を明るみに出した」と言う評価で今回の受賞となった。

ほとんどの作品は日本でも発売されていたが日本に来日して著名人との対談もしている。
彼が幼い頃に住んでいた長崎県でもお祝いムードで地元の本屋でもこうしたコーナーを設けられた。

受賞が決まって記者会見でも初めは信じられなかったが後にいろんな所から連絡があったので現実だと思った。
本当ならあの人に取らせてあげたかったこの賞ですが来年もノミネートはするのかと思う所だと思っています。